アレクサンドラ・ムスタファ

略歴

alexandra

文献

Sintesi delle conferenze e delle ricerche per il lavoro nel servizio sociale brasiliano、2005.

『社会的存在:倫理、社会調査および人権』社会サービスと新しい 理解を求めてブラジルとイタリアの社会学的対話(2017) http://www3.ufpe.br/editora/ufpebooks/serie_extensao/ser_soci/で入手可能。

『倫理:イデオロギーに対する哲学的および歴史的基盤』 EdUFPE, 2019 年 単著論文

「古代における実践哲学の基礎としての倫理的および政治的関係」 Temporalis、2002 年 「社会サービスの職業倫理的政治的プロジェクトに関する考察」 『倫理的存在』 2003 年

「倫理と宗教:国家主権におけるカトリック教会の推論:ブラジル国家の降伏」 UCPEL、 2006.

「女性の闘争と思考:革命的偏見」AMARO、S &Durand Veronique 編『フェミニストの系 譜』2017年, pp.53〜80

「倫理と老年学:高齢者に対する新自由主義の「大衆」の哲学的意味」『GEPE ノートブッ ク』 2019 年

共著論文

「政治的倫理的デザイン、階級意識、企業デザイン:弁証法的関係」Temporalis、2011.(サ リヤナ・デ・ソウザとの共著)

「新自由主義時代のクーデター時の民主主義と社会正義」( ANSELMO との共著) katalysis、v。21、n。 2、2018 年 https: //periodicos.ufsc.br/index.php/katalysis/article/view/1982-02592018v21n2p416 で入手可能。

IASSWの将来構想

IASSW / AIETS の一員として、世界の社会サービスが大きな課題に直面していることを憂慮し

理事に立候補いたします。大衆を支配することを目的とする国際的な右翼によるイデオロギ ーの展開による構造的不平等の強化が、世界中のすべての人々に対する搾取のルールとプロ セスを深刻化させています。このプロセス全体が、ニーズと潜在的能力に耳を傾けるソーシ

ャルワーカーに、その人々と社会構造に対する働きかけを促します。それは、右傾化を内面 化するイデオロギーによる個人的・集団的な発展をめざすあらゆる先導的試みを考慮した 時、社会サービスは、AS のグローバルで明確な高度なトレーニングを促進する、積極的な 対応であると信じます。それはまた、私たちの倫理原則、特に社会正義と人々の自律の原則 に挑戦する言説や慣行を特定し、ブラジルや世界を殺戮へと追いやる経緯とその帰結を検証 することでもあります。

理論的、実践的基盤の現代化の必要性を痛感し、世界のソーシャルワークの職業訓練のガ イドラインや定義の作成において特権的な地位を保持している IASSW は、社会サービスを教 授する教育機関間およびソーシャルワーカー間の連携を促進し、構造的不平等とイデオロギ ーの対立に関する理論的および実践的な代替案を提案することができると理解しています。 私たちが目指すところは、領土や地域、組織・制度における搾取の構造と維持プロセスを理 解する歴史的知識を提供できる学問的実践に貢献することです。そのために、世界会議や国 内および国際会議へ参加し、教育機関やソーシャルワーカー、さらに代表団体などとコンタ クトをもち、国連などの国際機関や人権団体と連携し、IASSW の会員拡大キャンペーンを促 進することによって、イデオロギーや疎外のプロセスを紐解きます。これらは、国際関係の 強化として、ブラジルとイタリアの間ですでに確立されているような学問探究の協働や交流 によって達成されます。