Nicole Bromfield

略歴

nicole

ニコル・ブロムフィールド博士は、ヒューストン大学の教務部副学部長およびソーシャル ワーク大学院准教授です。研究関心は、特に発展途上国における女性と子どもの健康とソー シャル・ウェルビーイングで、そのグローバルな側面に焦点をおいています。彼女のプロジ ェクトは、コミュニティのニーズと社会政策の肯定的アウトカムに焦点をあてて推進されて います。彼女は、バージニア・コモンウェルス大学で、コミュニティ組織/ソーシャル・ア

ドミニストレーションの修士号を取得し、健康政策に焦点を当てた公共政策学の博士号を取

得しています。博士号を取得後は、アラブ首長国連邦(UAE)大学で BSW および MSW の学 生をうけもつ専任教員の職につきました。彼女は、アラビア湾岸地域で最初の MSW プログ ラムを開発したチームにも参加していました。以前は、ワシントン D.C.の UAE 大使館で教 育能力開発プログラム管理者を務め、第三国定住難民のボランティアも行っていました。現 在、ブロムフィールド博士はヒューストン大学の MSW カリキュラム委員会の委員長を務め ており、再認定プロセスを主導しています。 2018 年、彼女はハーバード大学の高等教育リ ーダーシップ・プログラムを修了し、ソーシャルワーク教育評議会(CSWE)の教育政策の 委員を務めています。

IASSW の展望

ある国でのソーシャルワークの進歩は、すべての国の人権と社会正義を促進します。グロー バルレベルのマクロレベルのソーシャルワークの擁護者、教育者、研究者として、私自身の 専門的な使命の基本的な推進力は、すべての人の幸福を高める社会政策開発の推進です。私 は、社会正義を世界的に推進するというゆらぎないコミットメントのもとで、この努力の一 部は、特にソーシャルワークが新たな職業となっている世界地域で、教育能力の構築を含む ソーシャルワーク教育の開発をさらに前進させることです。発展途上国でソーシャルワーク を教える豊富な経験を持つ教育者として、ソーシャルワークが誕生間もない職業となってい る国で、社会正義、人権、人々の幸福は、学生が包括的かつ国際的で地元に支援され、現地 の状況に応じて先住民の知識を最大化する、ソーシャルワークの価値に立脚する教育を受け たときにいち早く定着する経験と知識を私はもっています。私たちの職業の中核となる強み は、各国と一人一人が重要であるという原則のグローバルな連携であり、IASSW はこのグロ ーバルな連携の 1 つの柱です。 より公正で公平な世界を目指して、世界中のソーシャルワ ーク教育、研究、および学問の卓越性を促進し、発展させるという IASSW の展望は、私が 個人的に、そして実際に献身的に取り組んでいる私自身の専門的使命と一致しています。ソ ーシャルワークの地域化と土着化は非常に重要であり、教育能力の向上に必要だと思いま す。専門職を前進させるためには、現地の実践の知恵の開発が不可欠です。私が IASSW の 理事に選出された場合、ソーシャルワーク専門職の教育とトレーニングの世界基準を推進す るために、利害関係者と調整し、協力します。地域に密着し文化的に適切な文脈にねづいた IASSW の能力開発活動をさらに強化するために取り組むことは、私の努力の基盤となるでし ょう。各国は、必要な現地の専門知識だけでなく、世界に対して価値を付与します。東西の 文脈でソーシャルワークのカリキュラムの開発と研究に関与し、CSWEの認定委員として

リーダーシップを発揮した私の経験は、他の人々とこの業務に取り組むための独自な視点を 与えてくれました。